読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空は晴れたか

ココロ ノ コトバ ノ ウタウタイ

「らいぶ じじあなべる」

 
あれから7ヶ月かー、、、
 
 
 
"じあん"主催のライブ「THE 弾き語りライブ」。第何回だったかを調べないと分からん位に経っていたねー。タイミングやら、都合やら、なんやらかんやらでこんなに空いてしまいましたが、「THE 弾き語りライブ vol.8」がめでたく開催されました。
 
 
今回は"じあん"はトップで演ってきました。久しぶりのライブという事もあり本来の調子かどうかが掴みきれなかったのでトップというより「THE 弾き語りライブ」のオープニングアクト、つまり前座ってな立ち位置の気持ちで。ま、先に演っちゃってのんびりとみんなの歌をビール飲みながら聞くという気楽さも込みで、www
 
 
 
セットリスト
 
1.そしてまた今日が始まる
2.また明日
3.ハードレイン
4.野良猫
5.Tokyo city
6.お前が好きだ
7.ありがとうなぁ
 
 
 
「Tokyo city」はかれこれ25年位前の歌。今でもいいと思える歌。あの時、間違っちゃいなかった、っていう歌だ。「ありがとうなぁ」も久しぶりに歌ったなー。7ヶ月ぶりのライブなんで人前で歌う事自体が久しぶりなんだけどねぇ。
 
 
ライブ前半は手探りで歌うというか、演りながら何か感覚を思い出すような気持ちで、最後から2曲目だったかな「あ、これだよ、この感じ」って思った。なんか分かりやすくそう実感した。最後の歌では「戻れた感覚」を楽しむように歌えたなー、と。めでたし、めでたし。
 
 
 
二番手はchepe。「THE 弾き語りライブ」は二度目の出演。彼女の不思議ワールド、その歌の独特の雰囲気は「はぁ?」って思うか「おぉ〜」って思うか、それはあなた次第(笑)。俺は好きだなぁ、あの感じ、雰囲気。そうそう、店に着くなりリハ前に仕事先のパン屋から「お土産です」とライブ前に出演者にパンを配るchepeでした。
 
 
三番手はスナックセシボンのkiku。これまではスナックセシボンを名乗っていたけど、実は「スナックセシボン」はバンドの名前だったらしいのです。今回はソロとしてスナックセシボンのkikuとしての出演との事。演奏曲もバンドではあまり演っていない選曲だったらしいけれどいつものアレはそのまんまの楽しいライブでした。またこの日、相当の歯痛だったらしいんだけど相変わらずのアレで本当にアレでした。
 
 
今回のトリは我が愛しき娘、明音(笑)。20と言う年齢らしからぬ昭和のカバーから始まった明音ワールドは観る度にパワーアップ。二年前、初めて会った時のおどおどした頼りなさはどこへやら。成長著しくお父さんは嬉しいよ、ははは!
 
 
そんなこんなで毎度のゆるい雰囲気で楽しく時は過ぎて行きました。"じあん"は色々あってこれが今年初のライブでしたがココからドカドカとかまして行きます!
 
最後に、観に来てくれたお客さんに感謝。快く出演してくれたミュージシャンに感謝。そしていつもこのゆるいライブの場を提供してくれるZizi annabelleのママさんに感謝。
 
 
 
ではまた、
 
 
"じあん"