読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

空は晴れたか

ココロ ノ コトバ ノ ウタウタイ

「らいぶ おとぐら」

 
昨夜は告知をしていませんでしたが埼玉県は東松山市の音蔵ってハコでライブでした。Wood song project Vol,16への出演。
 
これまでのライブの中でこれ程のミスを連発したライブってのはありません、(-_-)。多分、ミスの数は新記録でしょうな。そしてミスの内容もグダグダで笑って話しはしますが、ライブ後は本気で凹みました。
 
 
セットリスト
 
1.ねこになる
2.のらねこ
3.また明日
4.Cloudy
5.Tokyo city
6.ありがとうなぁ
 
 
 
まず1曲目「ねこになる」ジャカジャーン!っとイントロ一発目、Gのストロークをかましたものの「ん?...」なんか何かが物足りない違和感。あら?、、、ステージの内側では聞こえいるアコギの音がお客さん向けのスピーカーから出ていない?PAにつながるエフェクトのラインアウトジャックを別の所に差してました。そりゃ出ませんって、(-_-)。つなぎ直してアタマから演り直し。さぁ、第32回"じあん"のミス大会の幕開けです。
 
 
2曲目、「のらねこ」。ココではね、もー、ありへんミスかましましたよ。ってか、これはミスなのか?
 
 
イントロをジャカジャカとGからC、D7、Em、と弾きつつ譜面台の歌詞に目をやり、さぁ、歌い出し!
 
 
、、、って所で
 
「あれ?」
 
「え?」
 
 
 
…メロディーが、出てこない、(-_-)。
 
 
イントロをもう一回回すもスッカリ抜けてる。いわゆる「ど忘れ」ってやつ。あり得ないよね?自分の曲をど忘れするなんてさー。
 
 
もう、これ以上はイントロは伸ばせないからとりあえずアドリブで歌い始めました。やり直す気なんかサラサラなかった。むしろどう歌ってもお客さんはそれが間違ってるかどーかなんて分からんし、という開き直りでした。
 
歌っている内に幸いにもサビは思い出せたんですよ。でもね思い出せたのはいいけど、そこまでのアドリブメロディーからつなげるにはちょっと無理な状況になっちまっていて、結局サビのメロディーも本来のメロディーに近いアドリブとなりました。
 
 
 
 
 
で、間奏を弾きながらふと思った。
 
 
 
 
 
 
二番はどうしようか?
 
 
 
 
 
つまり一番を丸々アドリブで歌った訳ですよ。やっぱ一番と二番は同じメロディーであるべき事が好ましいんでしょう?でもさ、アドリブで歌った一番のメロディーを覚えてなんかいる訳ないじゃん!
 
 
結局ね、最後までアドリブで自由に歌わせて頂きました。普通に歌う顔でなんとか乗り切ったけど、その内側ではすっげージタバタしてました。
 
 
 
ある意味、新曲だったな、、、(-_-)v
 
 
 
3曲目は「また明日」。これは何事もなく歌いきりました。
 
 
 
4曲目「Cloudy」。コレね、20年前の歌だけどなかなかな出来で今でもたまに歌うんだ。今回はラストで転調するアレンジにしたんだけど、それが仇となりました。その転調した後のコードが飛んでしまい、歌いながら探るよな格好となり全く締まらないラストになっちまっまいました。
 
 
5曲目「Tokyo city」。前回のライブから歌い始めたこの歌は25年近く前に作った歌です。主人公のアンハッピーなラストの歌なんだが、そのもっとも肝心なラストで歌詞をかむ痛恨のミス!そこを歌わないと全く意味がなくなるトコでーーーっ、、、かみました。そこに向かうべく盛り上げてきた間もブレイクも全てが台無しになりましたらとさ、めでたし、めでたし、( ̄◇ ̄;)v
 
 
6曲目「ありがとうなぁ」。もうグダグダでココまで来てしまい凹みまくってる"じあん"。この歌はきっちり締めないと!と心を落ち着け、、、余計な事をせずひたすらシンプルに弾き、落ち着いて歌いきりました。
 
 
んでね、実は7曲目に「ココロ」を歌う予定だったんだけれど、なんか凹んだ気持ちがどうにも上がらずカット!でライブは終わりました。
 
 
鉄は熱い内に打て!、、、一気にライブレポを書きました。今年はまだ二本目のライブ。やはりライブ数の足りなさが顕著に出ましたね。
 
 
ハコの方でライブ動画を撮ってくれているんだけど観る勇気がありません。
 
 
次は29日に西荻窪Zizi annabelle。
 
 
そこまでにもう一つライブを入れようかと思案中。
 
 
 
ではまた、、、
 
 
"じあん"